「鉄郎の鉄道日々あれこれ」はこちらです

鉄郎の”NEW ZEALAND旅日記”もご覧になってください

「鉄郎の思うがままの写真(非鉄写真)」

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

寝台特急

2012年10月25日 (木)

鹿児島本線 寝台特急「はやぶさ」堂々のフル編成 1977.10.25撮影

007_1977_10_25_001_bbs_2


 昨日の記事では、36年前の日豊線のDF50の写真をアップしましたが、35年前の今日10月25日には鹿児島本線で「はやぶさ」を撮影していました。東京発の九州寝台特急はどの列車もA寝台や個室寝台そして食堂車を連結し電源車も含め堂々の14両フル編成でした。ただ、残念なことにHMが付いていなかったことが惜しいところではあります。
 数年前にこの撮影地を訪れましたが、今は木々が伸びてしまい、このような写真は撮影が不可能でした。

2011年12月15日 (木)

日豊本線を行く寝台特急「富士」号  1976.3.12撮影

009_1976_3_12_011_fuji_bs
元鉄道ファン様
 いつもコメントありがとうございます。小生、当時学生でアルバイトである程度お金が溜まると周遊券で九州へ撮影旅行に出かけておりました。お金かフィルムが尽きるまで日々の食事代を切り詰め宿は夜行列車か無人駅でした。当時のネガを見ると鹿児島本線でED73を夕方撮影した次のコマは日豊線のDF50だったりしています。その次の日は逆になっています。今同じことは多分不可能ですが、それよりも夜行列車そのものが無くなってしまって来ています。写真は西鹿児島発の上り寝台特急「富士」号、24時間以上かけて東京まで走っていたのですね。そうそして、当時はブルーとレインは高嶺の花。学生の身分では中々乗れない列車でした。

2011年12月11日 (日)

鹿児島本線 ED731021牽引「さくら」35年前と変わらぬ撮影地  1976.5.3撮影

 002_1976_5_3_004_1_sakura_bs
 この写真の撮影地は、35年前も現在もほとんど変わらない風景(東郷~福間 現在は東福間)です。

昔、有名な撮影ポイントを訪ねてみると、多くの撮影地は家が建っていたり、道路の陸橋が建っていたりで風景が変わっていることが多いです。中でも一番は樹が伸びて線路を覆い隠していることがよくあります。そんな中で、この撮影地は珍しく昔と同じ風景が広がっていて、変わったのはそこを走る列車だけかもしれません。
 写真は14系化されてまだ4年目と、まだまだピカピカで輝いていた頃のブルートレインの老舗「さくら号、牽引するのは門司機関区で九州ブルトレの先頭で活躍したED731021です。

2011年12月 3日 (土)

20系寝台特急「あけぼの」この景色が続きますように  1978.4.5撮影

 197845hatirougata_koikawa_akebono_2 
 本日は羽越線強風のため本日発「あけぼの」は運転取り止めとなっているようです。この線区を走る寝台特急は来春のダイヤ改正で「日本海」が廃止になると報道されているのでとうとう「あけぼの」だけになるかもしれません。客車も牽引する機関車も変わりましたが、是非一日でも長く「あけぼの」が頑張ってくれることを祈ります。

2011年12月 2日 (金)

月光型寝台特急電車「彗星号」  1976.9.2撮影

Takanabe003_bs
 寝台特急と言えばブルートレインの機関車牽引寝台客車がまず浮かびますが。もう一つ忘れられないのは「月光型」583系寝台特急電車ですね。昼は座席特急、夜は寝台特急とまるで当時のがむしゃらに働く日本人サラリーマンを想像させました。それでも、とても憧れの列車でした。

2011年11月28日 (月)

大分機関区ブルートレイン「富士」「彗星」ヘッドマーク

19780316_ooitaunntenjo003_s 19780316_ooitaunntenjo009_s  
前の記事にも書いていますが、1978年のブルートレインの牽引機にはヘッドマークを付けずに走っていました。それでも、各機関区ではヘッドマークは大事に保管されていました。ちょうど九州の知り合いの方から「大分機関区でブルトレのヘッドマークを付けるので撮影に来ないか」と誘われ、ご一緒させてもらったときに撮影することが出来ました。当時はまだまだ現場の撮影も今より気軽に訪れることが出来ました。そんな大らかな時代の1枚です。

2011年11月25日 (金)

ED72牽引寝台特急「みずほ」号と八幡製鉄所  1978.3撮影

 004_1978_03__003_bs
 1978年の国鉄時代の寝台特急は東京~下関間の東京機関区牽引の列車を除きヘッドマークが無い時代でした。寝台列車も数多く走っていたので、沿線に出かけてもそれほど多くの鉄道写真を撮影している方もいない時代でした。
 写真は「みぞほ」号ですが、当時ほとんどのブルーとレインは九州線内ED76牽引でしたが、この「みずほ号」はED72またはED73の運用で牽引されていましたので、狙い目の列車でした。北九州工業地帯のシンボル八幡製鉄所の溶鉱炉の煙突を背景に東京からやってきた「みぞほ」号はちょうど朝を迎える時間帯でした。

2011年11月23日 (水)

寝台特急新製車両をEF5814がけん引  1978.8.撮影

19780800nebukawa_siraitogawa015_s
 9ケ月ぶりに「青春鉄道写真」を復活させていただきます。新聞報道によると大阪~青森間の寝台特急「日本海」が来春のダイヤ改正で廃止と報道されています。また一つ夜汽車が走り去ろうとしています。最近は中々遠征することができないので、ひょっとすると「日本海」号とはもう会えないかもしれません。
 1978年はまだまだ寝台特急が全盛でした。そんな中、新製車両をEF5814がけん引して関西地区に向けて回送していく姿を捉えていました。

2011年1月26日 (水)

みずほ 長崎本線DD51重連  1976.8.25撮影

Hasenoura_mizuho_002_ssss

「青春鉄道写真」1枚目は、今春に列車名が九州新幹線で復活する「みずほ」の写真です。ご存知のとおり当時は「さくら」の補完列車として東京~熊本・長崎の運転で、このころすでに長崎まで電化されていたのですがDD51の重連で運転されていました。残念ながら、当時はHMは掲出されていなかったのですがそれでもブルートレインは威風堂々として他の列車とは格段に重厚感をかもし出していました。この場所は今でも有名撮影地ですが、現在はこの写真のような上からの撮影はできなくなっていました。