「鉄郎の鉄道日々あれこれ」はこちらです

鉄郎の”NEW ZEALAND旅日記”もご覧になってください

「鉄郎の思うがままの写真(非鉄写真)」

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »

2012年11月

2012年11月25日 (日)

34年前_晩秋の奥羽本線を行くED78貨物列車  1978.11.26撮影

018_197811267470_007_bs_3
 本日アップするのは、1978年11月26日つまりちょうど34年前に撮影した奥羽本線のED78牽引貨物列車です。奥羽線板谷峠や仙山線で活躍した同機関車が晩秋の東北路をブロアー音を響かせて駆け抜けていたのもつい先日のように思えます。今この区間は山形新幹線E3系が軽やかに通過しています。

2012年11月24日 (土)

特急「白山」 鯨波海岸を迂回運転  1978.8.21撮影

017_197808213004m1009_bs3古い写真を調べていると、”?”という写真があります。
今日、ご紹介するのもその1枚です。この信越線の撮影地は今も30数年前と同じような写真が撮れます。先日、古いネガを見ていると「ウン?なんでこの区間で『白山』号が!」。
ほとんど記憶から消えていましたが、1978年5月に信越線の妙高高原付近で発生した土砂崩れによる信越線不通に伴い、『白山』号は1往復だけ上越線経由で運転されたことがありましが、すっかりそのことを忘れていました。大学の鉄研の仲間と撮影に行ったことは覚えていましたが、『白山』の迂回運転を撮影したことは忘れていました。
こうして、記憶から消えていたものが古い写真を見ていると頭の引き出し奥にしまっていた光景が鮮明に蘇ってきます。

2012年11月 7日 (水)

こんな時代がありました_東北線を行くEF65通称「団結」号  1973.5.5撮影

014_bs
こんな時代がありました。今では考えられないことかもしれませんが40年程前には全国各地の機関車などにペイントされた通称「団結」号が走っていました。なんだか、当時の時代背景が思い起こさせます。

2012年11月 4日 (日)

DE10牽引のお召し列車_土讃線

009_1978_05_22__002_bs_3
 お召し列車を撮影しに出かけた中でも忘れられないのは、機関車2両つまりDE10が重連で運転された1978年5月の高知県植樹祭のお召し列車は印象がありました。当時DE10と言えば亜幹線の蒸気機関車を追い出した?どちらかと言うとマイナスのイメージがある機関車でしたが。やはり重連で運転されると迫力がありました。

2012年11月 3日 (土)

近鉄元名古屋線特急6421系    1978.1.6撮影

Kintetu_6421_bs


 先日の記事でも延べましたが、関東に住んでいる者からすると1970年代の関西の私鉄はとても魅力的でした。この1枚も今まで押入れのネガ箱の中で眠っていた写真ですが、元名古屋特急で車体長19mの6421型でした。すでに特急からは離れ3扉の編成ですが社内はクロスシートのままです。鉄郎の写真には近鉄の写真は少ないのですが、そんな中の1枚を今日はアップします。

2012年11月 1日 (木)

チキ7000貨車に積まれた第5代御料車  1978.5.22撮影

015_19780522050_bs

思い起こせば、学生時代は全国にお召し列車を撮影に出かけました。この時も、高知県での植樹祭に行幸された天皇陛下のお召し列車を撮影に出かけました。そして撮影後駅に戻ると、先ほどまで陛下がご乗車されていた御料自動車が貨車へ積み込み作業をしているところでした。日産プリンスロイヤル製で1967年から2004年までの長きにわたり使用された第5代御料車です。お召し列車の運行時は沿線に警察官も多く見受けられましたが、この御料車積み込み作業は警察官はおろかガードマンもなくごく自然に御料車の傍で撮影ができました。既に菊の御紋にはカバーがされた後でしたが御料車を間近で見ることが出来、そしてこの撮影後全体を白いカバーで覆われていきました。

ディーゼル王国、四国_急行キハ58系と特急キハ181系  1978.5.22撮影

015_19780522_046_bs
 今日の青春鉄道写真は、四国の駅撮りの1枚です。この一枚も四国撮影旅行で何気なく撮った1枚だと思うのです。このシャッターを押した記憶はなく、30年以上完全に押入れに眠っていた一枚のシーンですが、この写真を見ていたらタイムマシンに乗って一気に蒸し暑くなった高知駅のホームに立ち、ディーゼルエンジンの重いアイドリング音とエキゾーストからの紫色した独特の香り、そしてそれらの音を打ち消すかのごとく駅のアナウンスと大きな声で話す乗客たちの会話が一瞬にして蘇ってきました。

« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »