「鉄郎の鉄道日々あれこれ」はこちらです

「鉄郎の青春鉄道時代」もご覧になってください。

「鉄郎の思うがままの写真(非鉄写真)」

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

ニュージーランドの保存鉄道 シャンティタウン  1998.3.28撮影

008_nz002_a_s008_nz025_a_bs 現在のNZは鉄道、特に定期の旅客列車は全国で1日に数本だけしか走っていません。都市の近郊を走る鉄道もオークランドと首都ウェリントンだけでその他の町には旅客列車の姿を見ることはできない。(貨物列車は結構走っています)

以前は全国くまなく鉄道が敷設され旅客列車ももちろん走り」、さらには森林鉄道なども数多くあってそこではさまざまなSLが走っていいたようです。現在は、ほとんどが廃止・廃線されましたが、その一部を熱心な鉄道ファンや地元のボランティアで保存鉄道として運営され週末をを中心に各地でSLが煙を吐く姿が見られます。

ここ西海岸の町、グレイマウス近郊になる「シャンティタウン」という、昔のNZの町がそっくり保存された小さなテーマパークには、保存されているSLが週末を中心にに運転されている。ボランティアの方々が出発前に入念に点検と手入れをしているところを撮影させていただきました。

なんだかとても羨ましい気持ちになった。

2011年1月27日 (木)

秋の気配が広がるモーターキャンプ場   1998.3.31撮影

006_nz021_bs_3 昨日アップしたのと同じモーターキャンプ場です。

遠い山の頂にはすでに真っ白な雪が降り積もっていました。秋の深まりは一気に始まるかもしれません。

2011年1月26日 (水)

秋の気配が広がるモーターキャンプ場2  1998.3.31撮影

  006_nz009_s_7   

南半球のNZは日本とは季節が反対です。3月下旬ともなればそろそろ秋の気配が広がってきます。NZにはいたるところにモーターキャンプ場があり、車にキャンピグカーを牽かせたり、あるいは車をキャンピングカーに改造したりいろいろです。さらに、廃車になったバスを手直ししてキャンピングカーにして旅する家族もいます。ご覧のバスは、個人のオーナーが家族と楽しむためにバスを改造してキャンピングカーとして使っています。少し冷え込む朝でしたのでまだバスからは誰も降りてきませんでした。

トップページ | 2011年2月 »