鉄郎の”NEW ZEALAND旅日記”もご覧になってください

「鉄郎の青春鉄道時代」もご覧になってください。

「鉄郎の思うがままの写真(非鉄写真)」

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

C6120

2011年6月27日 (月)

今日の1枚  やっと会えたC6120   2011.6.26撮影

_dsc0095_c6120_bs

 やっと会えました「C6120」。昨日、「復活C61号」に高崎~水上と水上~渋川と乗車、渋川で発車シーンを撮影してきました。鉄郎は今回撮影よりも、むしろ列車そのものに乗車してみたいと思っていて、幸運にも上下とも窓側の席が確保できました。
 乗ってみて、発車前に窓を開けると、石炭の燃えるにおいと旧型客車の木とニスそして少し埃っぽい香りに、C61から聞こえるスチームとカタンカタンとポンプの音を聞きながら発車を待ちます。目をつぶると鉄郎が小学生の頃住んでいた、筑豊線の若松駅から母の実家後藤寺に行くとき乗った列車の光景が思い起こされました。筑豊線ですからC61というよりC55でしたが、イメージは全く一緒です。そして中学生の頃は父に鹿児島本線に撮影に行き、初めてC61牽引の列車に乗ったこと、高校生で友人と日豊本線にSLを撮影に行ったこと、大学の鉄道研究会で仲間と日本各地に列車の撮影で出かけたことなどが一瞬のうちに鮮やかに蘇ってきました。

JF4015様、コメントありがとうございました。C61だけでなく旧型客車を効率よく利用できるように、ドアエンジンをつけて安全に運転できるように復活させたこともJR東日本の粋な計らいだと思います。是非、こんど皆さんで乗車して見ませんか。タイムスリップ間違いなしです、そう我々のタイムマシンかもしれません。

2011年6月26日 (日)

今日の1枚『復活C61号』高崎発車 2011. 6.26撮影

今日の1枚『復活C61号』高崎発車   2011.<br />
 6.26撮影
高崎から『復活C61』号に乗車中です。
高崎駅は家族連れの人達で大賑わい、SLに旧客で窓を開けて完全にタイムスリップです。微かな前後運動とブラスト音そして腹に響く汽笛、タマンナイです!撮るのも良いですが乗るのも最高です。
ナンバープレートも少し位置が上がったようです。